Articles

英会話スクール日記 その9 ネイリストは和製英語

>前記事その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろその2 モデルレッスンその3 「通じればいい」は甘えその4 イギリスに媚びろその5 ボキャ貧と呼ばないでその6 ほんとは黒ビールそんな好きじゃないその7 Fワードその8 米英戦争>講師英語専攻のイギリス人女性でした。会うのは2回目です。>国連英検例の問題集を「full of crazinessだから見て」と言って見せました。見せた瞬間にThis is verrrrrrrrrrrry hi...

続きを読む

英会話スクール日記 その8 米英戦争

>前記事その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろその2 モデルレッスンその3 「通じればいい」は甘えその4 イギリスに媚びろその5 ボキャ貧と呼ばないでその6 ほんとは黒ビールそんな好きじゃないその7 Fワード>講師久しぶりに長身痩躯のアメリカ人でした。>国連英検授業前のスモールトークでLong time no see. How have you been?と聞かれたので国連英検の件を話し、問題を見せました。These vocabularie...

続きを読む

英会話スクール日記 その7 Fワード

>前記事その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろその2 モデルレッスンその3 「通じればいい」は甘えその4 イギリスに媚びろその5 ボキャ貧と呼ばないでその6 ほんとは黒ビールそんな好きじゃない>講師前回同様ヒゲモジャのIrishでした。今回は真面目に仕事してて笑いました。クレーム入ったんですかね。>英語資格国連英検を受けるっていったら「なにそれ?」って顔されたので説明しました。向こうもそん...

続きを読む

英会話スクール日記 その6 ほんとは黒ビールそんな好きじゃない

>前記事その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろその2 モデルレッスンその3 「通じればいい」は甘えその4 イギリスに媚びろその5 ボキャ貧と呼ばないで酒飲みながら記事書いてるので色々アレなところもあると思いますが許してください。>講師ヒゲモジャのアイルランド人Irishでした。ネイティブって年齢わかりにくいんですが、多分30代前半かなと思います。仕事がいい加減なクソ人間でしたが、生き方として...

続きを読む

英会話スクール日記 その5 ボキャ貧と呼ばないで

>前記事その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろその2 モデルレッスンその3 「通じればいい」は甘えその4 イギリスに媚びろ今回からその日習った表現なども復習がてらこちらに記載していこうと思います。>先生の前職今日はいつもの長身アメリカ人が相手でした。この人、本当に社交的で、特にキッズにめっちゃ話しかけるんですが、だいたい無視されてます。笑190cmの白人って子供からするとハンパない威圧感...

続きを読む

英会話スクール日記 その4 イギリスに媚びろ

>前記事その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろその2 モデルレッスンその3 「通じればいい」は甘え>チャンネー今回でモデルレッスン含めて通算5回目のレッスンです。わりと定期的に通ってるので、受付の綺麗なお姉さんが「いいペースですね!」とか褒めてくれます。私は綺麗なお姉さんに励まされたい欲が凄いので、これだけで27万円払った価値があったと言えます。>対イギリス出身黒人男性ずんぐりむっ...

続きを読む

英会話スクール日記 その3 「通じればいい」は甘え

>前記事その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろその2 モデルレッスン>初登校正式に入会したので、今日は体験授業ではなく正式な受講でした。受付のチャンネーに出席カード?とかいうのを渡されました。毎回これを使って出席確認をするそうです。なんかシステムといい料金といい全体的に教習所みたいですね。笑>授業といっても、前回と同じネイティブ相手に同じようなことをするだけなので気楽です。今日のト...

続きを読む

英会話スクール日記 その2 モデルレッスン

>前記事その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろ>体験レッスン今日は例の英会話教室に体験授業(model lesson)を受けに行ってきました。体験授業は30分一本勝負。ネイティブと1対1でテキストに沿って進行します。今回のネイティブはとても背が高くて細いアメリカ人でした。ちなみに前回のネイティブは小柄なイギリス人(ジャスティン・ビーバー似)でした。余談ですが、なんと二人共Breaking Badのファン。後日...

続きを読む

英会話スクール日記 その1 四技能くらい生まれた時から身につけてろ

>まえがき英会話スクールに通い始めました。主な理由は以下の3つ。1. 英語を話せるようになればドヤれる場面が増える2. 国連英検の二次試験ではfluencyは前提条件であって大きな評価対象ではない(つまり英語を流暢に話せない人間はそもそも土俵にすら立てない)3. 海外ドラマの影響で持つようになったネイティブへの興味>カウンセリングまずは都内の某英会話スクールにカウンセリングを受けに行ってきました。綺麗なお姉さ...

続きを読む

Biography

ひょーどる

Author:ひょーどる
1990年生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、東京大学教養学部理科2類に入学。現在は大学を休学し、サラリーマンとして勤労の日々を送っております。

Blog Search

Notice

※コメント返信はまずTwitterで行い、後日ブログにまとめます。

Log

2016/8/10以前の過去ログはこちら

Inquiry

名前:
メール:
件名:
本文: