Articles

第221回TOEIC公開テスト感想

立教大学曇天 

今回の試験会場は立教大学でした。
自宅から徒歩10分程度で行けるので✨圧倒的勝利✨です。
あいにくの曇り空でしたが、幸い雨は降っていなかったのでほぼ手ぶらで会場入りできました。

>Part別感想 
()内は予想得点です。

Part 1 普通(6/6)
the cabinet is filled with folders 
a woman is behind the counter 
a man is adjusting some equipment 
あと忘れた。

Part 2 激難(22/25)
ここだけ頭おかしい難易度。
全然わからなかったのが1問。
怪しいのが2問。

Part 3 やや易(39/39) 
悩むことなし。

Part 4 やや易(30/30)
記憶ないんですが多分大丈夫だと思います。

Part 5 やや難 (30/30)
前回のリサイクル?っぽい問題が2問ほど。
both A and B
gourmet
part 5でgourmetを選ぶ問題があったのに、part 6と7で2回もこの表現が同じ意味・用法で登場していたため、問題が意味を成していませんでした。ETS側も旧形式から2倍以上に増やしたフォーム数に対応できていないんですかね。前回も同じような出題がありました。校正が甘くなってる気がします。
compile 
applicable 
membership 
combined 
internally ←文脈判断を要するのでちょいムズ。
exclusively 
earnings 
highly rated 
by himself 


Part 6 やや難(15/16)
空欄補充問題は解答根拠が明確で答えやすくなっていました。
ただ文法・語法問題がpart 5以上に難しかったです。
receive /approve the bid の判断はノンネイティブには厳しすぎる気がしたんですが、そうでもないんですかね。
ちなみに私はreceive the bidを切れる根拠が無いのでこちらを選びましたが、自信なし。

Part 7 難(50-53/54)
問題文が易しい代わりに選択肢が鬼のようにconfusingでした。
>言い換え
land=acquire
review=summary

>読解
・part7のgreen rooftopのやつで「it needs a updated 水のシステム」と「it's visible from the restaurant」ですげー迷いました。
・how to finance the continuing studiesの意味が分からなくて固まりましたが、アレは奨学金のことだったんですかね。
nearly two weeks≒over two weeksとして解答を選ばせるETSさん、鬼畜。わかるわけないでしょ…。これは間違えました。


>総評
Lは前回より手応えあるので多分大丈夫なんですが、Rが難しすぎました。
「難しいときはスコアも上がる」ということですが、経験的にその補正が大概ガバガバだと知っているので、理論値は難しいと思います。


>余談
最初私の席に知らない女性が座ってたので「多分そこ席違いません?」って言ったら謝りながらどいてくれました。
ただ、彼女は私の解答シートに既に個人情報を書き込んでしまっていたようで、本来の彼女のもの(白紙)を私にくれたんですが、解答シートに識別番号あったら俺とこの人のスコアが入れ替わるんじゃね?「君の名は。」じゃね?って思いました。
まあ受験番号は別途記入欄があるので恐らく大丈夫。


さて、受験された皆さんお疲れ様でした!
おしまい!
関連記事

コメント

お疲れ様でした、その知らない女性って好み抜き客観的に美しかったですか?美しかったなら、私です。

どうして立教大学前の信号は機能してないんですか??(赤も青も点いてない)

よくネットの「○☓個以上当てはまればアスペ」とか「こういう人はアスペ!」とかありますがあれを信じて僕アスベだわーっていう人は、人と違う自分が好きだったり注目されたかったり被害妄想があるだけじゃないですか?あんな信頼性のない記事をどうして鵜呑みにできるのでしょうか?

僕みたいな本物のアスペ(友達いない、大学では声帯を使わない、趣味はav鑑賞)は○☓個以上当てはまったらアスペ!とかいうのに対してこんなくだらない問題で図れるわけ無い!とかなんとか理由付けをしてアスペじゃない根拠を永遠に探します

海陽学園、エリートを育成する中高一貫校なんですが
・エリートは時間がないから同じように自由時間は食事風呂含めて2時間
・コミュニケーション高めるため全寮制で部屋を2畳にして引きこもり防止
・同じ寮に新卒の社会人を同居させてコミュニケーション力up
・部活必須、ゲームマンガ不可
etc
https://matome.naver.jp/m/odai/2138503805620891601

なのですが
エリートが、一般人からエリートになるために必要なこと(コミュニケーションとか英語力とか)を中学から叩き込むことでエリートにさせるみたいな大学に見えますが逆に一般人になるのに必要(ゲーム、avなど)なことができなくする教育に思えるのですが僕の考えは違うでしょうか
すべてが胆略的な思想に思えます、コミュニケーション力を上げる=閉鎖的な環境、無理矢理人と接するような環境にすればなるやろw

No title

ひょーどる大してるうううううううううう(公立中)

げんげん(解答用紙一科目白紙でもの人)英検一級余裕合格してますよ。ひょーどる氏の地位狙われてますよ

回答用紙たぶん大丈夫ですよ。なぜなら欠席者のとこに席移動してるの見たとき、試験官が欠席者の席に最初から置いてる用紙をそのまま使わせてるの見たからです。試験官がクソならごめんなさい。

コメントの投稿

非公開コメント

Biography

ひょーどる

Author:ひょーどる
1990年生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、東京大学教養学部理科2類に入学。現在は大学を休学し、サラリーマンとして勤労の日々を送っております。

Blog Search

Notice

※コメント返信はまずTwitterで行い、後日ブログにまとめます。

Log

2016/8/10以前の過去ログはこちら

Inquiry

名前:
メール:
件名:
本文: