Articles

アイ・アム・レジェンド I Am Legend

IAmLegend.jpg 


【説明】
ウィル・スミスが渾身の演技で放つ最高のアクション超大作!-Shawn Edwards / FOX-TV (United States)
“めくるめく興奮と驚愕。アドレナリンが全身を駆け巡る、アクション超大作!”-Pete Hammond, MAXIM
地球最後の男。しかし、彼は一人ではなかった。荒廃したニューヨーク、マンハッタンを舞台に、たった一人生き残った男が、たったひとつの希望のために戦い続ける。ウィル・スミス主演で贈る、超大作アクション。
予防不能、治療不能のウイルスによって汚染された地球。なぜか免疫があった軍所属の科学者ネビル(ウィル・スミス)は、荒廃したニューヨークで---あるいは世界で---ただ一人の生存者となった。必死に他の生存者を捜すネビルだったが、生存していたのはヒトではなかった。ウイルスによって変異したミュータントたちが闇に潜み、ネビルを監視していたのだ。ネビルが致命的なミスを犯すのを待ち続けるミュータントたち。過酷な状況の中、ネビルを支えているのはただひとつの希望。それは免疫のある自分の血液からウイルスを根絶する薬を作り出すこと。迫り来るミュータントとタイムリミット。地球最後の男に希望はあるのか?
公開: 2007
監督: Francis Lawrence
出演:
Will Smith
Alice Braga
Dash Mihok
サービス: Netflix(英語字幕あり)、Hulu(英語字幕なし)
時間: 100分
語彙レベル: 5/10
おすすめ度: 3/10


【Cons】
・短い
壮大なテーマの割に上映時間が短いので不完全燃焼感が拭えません。

・誰だよ
ぽっと出のやつがデカい面してきます。

・オチが浅い
DVDに収録されている別バージョンの結末の方がはるかに良いです。
「人間vsバケモノ」というわかりやすい構図にするためにこっちに差し替えられたんですかね。

・セリフ量が少ない
人間の生き残りが少ないので仕方がないのですが、英語学習教材としての価値は少し下がります。


【Pros】
・犬が可愛い
めっちゃかわいい。
シェパード飼いたい。

・敵が強い
ゾンビは数が多いだけで動きがトロく、弱点を突けば一撃で倒せるという設定の作品が多いです。
しかしこの映画で登場する「食人鬼」は人間よりはるかに素早く、パワーもあります。
おまけに知性は人間並み。
こんな敵を相手にどう立ち向かうのか、あるいは立ち回るのか。そこも見どころの1つです。

・映像で「語る」
例えば食人鬼は人間の言葉を話さないのですが、それでもその知能の高さが映像を見るだけでわかるようになっています。

・本来の結末は深い
凝った設定のわりに終わり方が雑すぎる&浅すぎるという点があまりに解せなかったのでwikipediaなどで情報を集めました。
すると映画版のlegendと原作ないし特典映像のlegendでは意味が全く異なることが判明。
後者のまま公開されていたらもっと高く評価されていたと思います。



【語彙】
以下はこの映画で登場する語彙です。
※プリントアウトして手元に置いて視聴すると辞書を引く手間が省けて便利だと思います。

in a nutshell かいつまんで
insects chirring in distance ギーギー鳴く
gull screeching カモメ
birds hooting echoes from distance ホーホー鳴く
undergrowth rustling 下草
ominous music 不吉な
shrill clamoring 甲高い
cacophonous roar 
airborne 空気感染の
ground zero ゼロ地点
pigmentation (皮膚の)色
pupil 瞳孔
constriction 収縮
panting quiets down 静まる
shudder 身震いする
guttural, raspy snarls しゃがれた
gruff panting どら声の
Dilaudid ジラウジッド(薬の商標)、ヒドロモルフォン塩酸塩
serum 血清
contact strains 接触感染
canine 犬
thrumming 唸り声をあげる
the early onset of rabies onset=始まり、rabies=狂犬病
stockpile antiviral drugs ~を貯蔵する
see sb through ~を最後まで助ける
tires scrape キーと音を立てる
virologist ウイルス学者
Plexiglassプレクシグラス(商標)、有機ガラス
関連記事

コメント

こんな批評では映画評論家になれないよ

ひょーどるさん、山梨医の得点開示みたいなの後日にブログに載せてましたよね?そんな記憶があります。
今年同じく蹴った者です。得点開示は不合格者だけと書いてるのですが蹴った人もOKなんですか?

先月の支出はいくらくらい?

No title

ネビルってハリポタにもいたけど
最強の代名詞だな

で、これどんな話なの?

コメントの投稿

非公開コメント

Biography

ひょーどる

Author:ひょーどる
1990年生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、東京大学教養学部理科2類に入学。現在は大学を休学し、サラリーマンとして勤労の日々を送っております。

Blog Search

Notice

※コメント返信はまずTwitterで行い、後日ブログにまとめます。

Log

2016/8/10以前の過去ログはこちら

Inquiry

名前:
メール:
件名:
本文: