Articles

新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意/ヒロ前田 (著), ロス タロック (著), TEX加藤 (著), Ross Tulloch (原著)



【難易度】
Reading:★★★★★★★☆☆☆
Listening:★★★★★★★★★☆
(目安は ★5つでTOEIC本試験レベル)

【取り組み】
正答数/問題数
Reading: 113/124(正答率91.1%)
Listening: 108/168(正答率67.1%)
-----------------------------------------------
Total: 221/290(正答率76.2%)

【コスパ】
7.6 円/問

【Pros】
・難しい
本当に難しいです。特にリスニング。
例えばPart.2では答えが複数あり、過不足なく全て答えないと正答になりません。
Part.3も、本試験ではあんまり聞き取れていなくても話の流れからなんとなく答えが推測できるのですが、この本には通用しません。
私はこの本を試験前日に解いて心がポッキリへし折られました。
でも、最近のTOEIC本試験は難化傾向にあるのでこれくらいの難易度で対策しておいた方がいいと思います。 

・各パート別にTOEICに特化したテクニックが掲載されている。
恐らく本来この本は問題よりこっちが売りなんだと思います。
私は読み飛ばしちゃったのですが、英語力ではなくTOEICスコアを効率的に伸ばすには有用だと思います。多分。
(ちゃんと読んでないのでめちゃくちゃ適当な意見で申し訳ない)


【Cons】
・重要単語リストがない
やや不便。まぁでも全訳はあります。

・リーディングはそんなに難しくない
Part.5とか、本試験に毛が生えた程度の難易度でした。
ただ、TOEICの文法問題は難しくても大学入試に比べれば平易なのでそう感じるだけかもしれません。
慶應とかヤバいですからね本当に…。
 

【こんな人にお勧め】
スコア900ない人は絶対に手を出しちゃダメです。英語が嫌いになります。
というか900前半でも海外経験がないとリスニングは厳しいかも…。
タイトル通り、950くらいの人が満点目指すために取り組む本なんだと思います。



おしまい! 
関連記事

コメント

No title

ひょーどるさんの海外経験(含英語圏以外)を教えてください。

No title

1. ひょーどるさんふぁんさん >ひょーどるさんの海外経験(含英語圏以外)を教えてください。 小中学生の頃にサイパン3回、ラスベガス1回、オーストラリア1回行っただけですね どれも1週間~10日程度の滞在だったので英語学習には程遠い環境でした(;・∀・)

コメントの投稿

非公開コメント