Articles

1990 要約、和訳

【要約】60-80
 It is significant that the scenery which the amateur painter finds most attractive as a subject for painting is the scenery most often avoided by the serious professional artist. Very few of the great landscape artists of the past or present have ever chosen to paint naturally dramatic or beautiful subjects. A landscape which is naturally beautiful or otherwise attractive to the human eye leaves the artist with little to do except faithfully copy what he sees before him. This is all very well for the amateur because it means he does not need to compose the picture he paints, rearranging the details of the natural scene. The scenery has already composed itself for him. The serious artists, however, does not want this. He prefers scenery the amateur painter would reject as plain or uninteresting. The professional prefers this type of scenery because of the challenge it offers to his skills as a painter; to see beauty where it is not easy to see, to create order where the natural elements are confused, in short, to make art from nature.

素人画家にとって魅力的な風景は、プロ画家が一番避けるものなんや。
もともと美しいあるいは魅力的な風景をプロは避けるねん。写せばいいだけやから。
素人にとっては構成を考える必要ないからありがたいねん。
でもな、プロ画家は素朴な素材を好むねん。
画家としての技量が問われるからな。
自然の中から芸術を見出したいねん。

素人画家⇔プロ画家
の二項対立ですので、「素人画家は○○であるが、プロ画家は××である。」と書くのが一般的ですが、
この文においては情報量やディスコースマーカーの観点からプロ画家に力点が置かれていますので、
「プロ画家は、○○である素人画家と異なり、××である。」
という書き方をしてもいいと思います。(解答例2)

(解答例1) 
素人の画家はもともと美しい、あるいは魅力的な風景をそのまま写すことを好むが、プロの画家は己の技量が試されるので一見面白みに欠ける風景から芸術を見出すことを好む。(80字)

(解答例2)
元来美しい風景をそのまま写す素人画家とは異なり、プロの画家は己の技量が試されるため素朴な風景から芸術を見出すことを好む。(60字)



【和訳】
A
 People forget how important it is to be lazy in libraries. Not of course idle: idleness means daydreaming. Laziness means reading the books one ought not to be reading, and becoming so absorbed in them that at the end of the day you still have most of the reading to do that you had before you that morning. Creative laziness broadens the mind.

Laziness means reading the books (one ought not to be reading), and becoming so absorbed in them [that (at the end of the day) you (still) have most of the reading to do (that you had before you that morning)].

Lazinessは、ここではidleと対比的に書かれているので、「怠惰」などではなく「だらだらする」などと訳す。

most of the reading to do (that you had before you that morning)
ここの構造が地味に難しい。
the readingはここでは「読み物」。つまり「本」。
beforeは接続詞ではなく前置詞で、「~の前に」。
よって、「その日の朝に自分の前に置いた、読むべき本の大半」となる。
 
だらだらするというのは、読むべきではない本をあれこれと読み、その本に熱中しすぎて、朝自分の前に置いた読むべき本がその日の終わりにほとんど残っている、というものである。

 
B
 Emotions are everywhere the same; but the artistic expression of them varies from age to age and from one country to another. We are brought up to accept the conventions current in the society into which we are born. This sort of art, we learn in childhood, is meant to excite laughter, that to provoke our tears. Such conventions vary with great rapidity, even in the same country.

art:芸術、技芸

This sort of art, (we learn in childhood,) is meant to excite laughter, that to provoke our tears.
artはここでは芸術ではなく技術や技芸の意。

thisとthatが並んでいるのを見て、this or that=「あれこれ」という表現を想起したい。
以下のような構造になっている。 
This sort of art is meant to excite laughter,
that (sort of art is meant) to provoke our tears.

我々が子供の頃に身につけるのは、こういうやり方は笑いを誘い、ああいうやり方は涙を誘うのだ、ということである。


C
 Language, when it is used to convey information about facts, is always an abbreviation for a richer conceptualization. We know more about objects, events and people than we are ever fully able to express in words. Consider the difficulty of saying all you know about the familiar face of a friend. The fact is that your best effort would probably fail to convey enough information to enable someone else to single out your friend in a large crowd. This simply illustrates the fact that you know more than you are able to say.
実際、どんなに頑張って第三者に情報を伝えても、恐らくその人が友人を人混みの中から見つけ出すことはできないだろう。

conceptualization:概念化
single out ~:~を選び出す

The fact is [that your best effort would (probably) fail to convey enough information to enable someone else to single out your friend (in a large crowd)].
構造は平易なので、訳し方で差がつく。
直訳すると、「あなたの最善の努力は~することに失敗するだろう」 という極めて不自然な日本語になる。
『無生物主語のときは主語を副詞的に訳すと自然になる』という定石に従うと、 「どんなに頑張っても~できないだろう」となる。

・・・というか、wouldがあるので仮定法。主語が条件節を兼ねるっていう例のアレ。
例)An idiot could not solve the problem. もしバカならその問題は解けないだろう。

youは一般的な人を指しているので、訳出不要。

実際、どんなに頑張って第三者に情報を伝えても、恐らくその人が友人を人混みの中から選び出すことはできないだろう。
関連記事

コメント

No title

慶應経済学部志望のものです! 質問なのですが経済学部はやはり数学の知識がないと厳しいものなのでしょうか? またどれくらいの知識が必要なのでしょうか? 教えていただければ幸いです(__)

No title

1. 受験生さん 学部レベルであれば、二次関数と簡単な微分ができれば大丈夫ですよ! ただ、慶應経済は数学抜きでも単位が取りにくいことで有名なので、入学後もかなり勉強する必要があります(`・ω・´)ゞ

No title

丁寧な回答ありがとうございます! これからもブログの更新頑張って下さい! いつも楽しみにしています(*^。^*)

No title

3. 受験生さん がんばりまっす! 受験生さんも勉強頑張ってくださいね!(`^ω^´)ゞ

No title

ひょーどるさんこんにちは。 いつもブログ楽しみに拝見しています。 質問なんですが、いつも英文を読むときに心がけていることなどはありますか? もっと言うと設問を解く際のポイントなど・・・ 例えば設問を先に見ると良いとか、パラメモを取ると良いなど色々な説?がありますが、実際のところどうなんでしょう。 もちろん人によって違いますし最終的に自分に合った読み方(解き方?)をしたいと思いますが、是非ひょーどるさんの意見を聞きたいです。ちなみにセンター過去問は平均8~9割とおぼつかない学力です。 長文失礼しました。これからも更新楽しみにしています。

No title

5. 555-456-0721さん ちょうどこちらに質問の回答となるような記事をまとめてあるので、是非ご覧ください('∀`) http://blog.livedoor.jp/pikumix/archives/51951761.html

No title

返事ありがとうございます!早漏でしたねw記事読みました。 ありがとうございました

No title

7. 555-456-0721さん いえいえ、ちょっと記事がわかりにくいところにありましたね。 配置変えてみます(`・ω・´)ゞ

コメントの投稿

非公開コメント