Articles

1989 要約、和訳

【要約】70-90
 Some years ago, on a journey to America, I passed the time by asking my fellow passengers to answer some rather strange questions. The first was: 'Which seems to you the larger, an elephant or a second?' After explaining that I meant a second of time and not a second elephant, I then tried to find out what sort of length of time people would consider equal to the size of an elephant.
 One man was a physicist. He insisted that the second must be equal to the distance traveled by light during that interval of time --- which is much larger than an elephant, of course. But most other people voted for the elephant, though there were wide differences in the selection of a time suitable to compare with it.
 Why would most people feel sure that an elephant is larger than a second? Presumably because we think of an elephant as larger than most animals we know, and seconds are smaller than most of the time intervals with which we are concerned. What we are really saying is that an elephant is large for an animal and a second is small as time goes. So we instinctively compare unlike objects by relating them to the average size of their kin.

ゾウと1秒ではどちらが大きいか尋ねた。
物理学者は1秒と答えたが、多くの人がゾウの方が大きいと答えた。
これは恐らくゾウが動物の中では大きく、1秒が我々が常用する時間の中では短いからだ。
我々は直観的に全く異なるもの同士を、その平均的な大きさに関連させて比較する。

よく「要約では具体例は省く」と言いますが、優先度が低いだけで、その限りではありません。今回が好例です。
最後の文が最も大切な要素なので、これを含めないと何書いても0点だと思いますが、かといってこれだけだと指定字数に満たないので、3パラにわたってダラダラと書き連ねられているゾウと1秒間の話をギュッと圧縮した上で具体例として盛り込む必要があります。

全然関係ありませんが、この話に出てくる物理学者、ちょっとミサワっぽくないですか。笑

人は全く異なるものを、それぞれの平均的な大きさと関連させて比較する。例えば、ゾウは動物の中では大きく、1秒間は人間が関わる時間の中では短いため、ゾウは1秒間より大きいと考えるのだ。(90字)



【和訳】
A
 John, now in his second year at college, was home for the spring vacation, and his mother took the opportunity of having a serious talk with him. Did he know where he wanted to live? John was not sure. Did he know what he wanted to do? He was equally uncertain, but when pressed remarked that he should prefer to be quite free of any profession. She was not shocked, but went on sewing for a few minutes.

中間話法(描出話法):直接話法と間接話法の中間的な話法。
東大の小説問題の和訳でよく出るやつ。最近はあまり出てないけど。
今回の文ではDid he know where he wanted to live?から下線部までが中間話法になってる。
例えばDid he know where he wanted to live?は、「彼はどこに住みたいのか知っていたのだろうか。」ではなく、「どこに住みたいか決まってるの。」と母親が語りかけているように訳さないとダメ。

He was equally uncertain,
これも中間話法なので、「彼は同じくよくわからなかった」ではなく「『これもよくわからない』と言った」のように訳す。
but when (he was) pressed/ (he) remarked that he should prefer to be quite free of any profession.

ジョンは「これもよくわからない」と答えたが、母に迫られて、「何の職にも就かずにいる方がいいな」と言った。


B
 It was one of those Saturdays upon which she had had to work at her office. What was more, it was a wet Saturday: all the possibilities of fine Saturday afternoons fled from her, as she came home, steaming, in the bus, which smelt of people's rainproofs and wet skin and hair. To add to this it was a wet Saturday in summer, that dreariest of all occasions, when the greenness of the season calls the people of London out, even into their suburban parks, and the weather forbids.

dreary:陰気な、退屈な

To add to this/ it was a wet Saturday in summer, that dreariest of all occasions,
まず、that dreariest of all occasionsはa wet Saturday in summerの同格名詞句。
このように同格名詞句はカンマで挟まれていることが多い。
例)Fedor, the greatest fighter in history, retired in 2012.

that dreariest of all occasionsのthatの訳出が一番難しい気がする。
みなさんわかってるでしょう?というニュアンスを含み、「例の」と訳す。
某動画サイトでも「例のアレ」というタグがよくありますよね。あんな感じです(▰˘◡˘▰)

when the greenness of the season calls the people of London out, even into their suburban parks, and the weather forbids
関係副詞節で、a wet Saturday in summerを修飾している。
call A out/intoで「Aを外に/中に呼びこむ」。
直訳すると「その季節の青さが人々を~」となるが、無生物主語なので「その季節は木々が青々としているので~」と書きなおした方が自然になる。
この技術は和訳問題では頻出なので身につけておくことを推奨します。

おまけに、その日は夏の雨降りの土曜日という最も陰気な状況であった。夏は木々が青々としているということでロンドンの人々が外出し、郊外の公園にすら出向くものだが、天気が悪くてそんなこともできないのだ。


C
 Some people are so changed by their life's experience that in old age they behave in completely unexpected ways. Many of us know elderly men and women who no longer act as we have come to expect them to act. I am not talking here about victims of senile dementia*. In the examples I am talking of the person continues to behave in what most people would agree is a normal manner, but one so remote from his old self that he appears, to those who know him, to be someone else entirely. 
(注) *senile dementia:老年性痴呆

In the examples (I am talking of)/ the person continues to behave {(in what most people would agree is a normal manner, but one so remote from his old self that he appears, (to those who know him,) to be someone else entirely. }
continues to behave in 青 manner, but 赤 mannerという構造になっている。
修飾部分が長すぎるのでものすごく訳しにくい。適宜意訳を挟む。

what most people would agree ∧is a normal mannerは、whatが名詞節を作っている。
∧の部分が欠落している不完全文になっていることから判断できる。
would agreeは仮定法過去で、「(実際には聞いてないけど、もし聞いたとしたら)同意するであろう」という感じ。
ただまぁ、断定を避けた表現ってだけなので、ここは神経質に訳さなくてもよさそう。
直訳すると「ほとんどの人々が正常な作法だと同意するであろうもの」

oneはa mannerを指す。
so remote from~以下はoneを修飾している。
so that 構文なので、「とても離れているので~だ」と訳す

私が言及している例では、その人は、ほとんどの人が普通だと同意するような振る舞いを続ける。しかし、その振る舞いが老齢とはあまりにも似つかわしくないものなので、彼の知人にとっては全く別人のように見えてしまうのだ。
(結局、but以降は別の文として訳した方が自然に収まりました。)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント